UPDATE

PANKOを使った、新玉ねぎのライスコロッケ

 

朝食やお弁当、夜ご飯のシメなど、さまざまな場面で活躍するおにぎり。4回にわたって、行楽シーズンにもうれしいおにぎりのレシピをご紹介します。最終回の今回は、旬の新玉ねぎを使ったライスコロッケ。

ライスコロッケはナポリ・シチリアの伝統的な食べ物で、"アランチーニ"と呼ばれます。アルデンテに茹でられたリゾットをさくっと揚げるライスコロッケは新玉ねぎの甘みがいきていて食べ応え抜群、大人にも子どもにも大人気!さっぱりとしたトマトソースと合わせて、パーティーシーンにもおすすめの一品です。

 

 

【材料】ピンポン玉サイズ5個分

・お米0.5合

・新玉ねぎ1/2玉

・バター10g

・白ワイン100cc

・小麦粉 適量

・卵 適量

・パン粉 適量



​​【作りかた】

1.ライスコロッケの中身となるリゾットを作る

・バターが解けたら、みじん切りにした玉ねぎを炒める。

・玉ねぎが透明になったら、お米(洗わない)を入れて炒め、お米が透き通ってきたら白ワインを入れてアルコールを飛ばす

・アルコールが飛んだら、お米全体に被るくらいの量の水を入れて煮る(鍋の底にお米がくっついてしまわないようヘラでかき混ぜる)

・水が減ってきたらお米の硬さを確かめる。お米がまだ硬い場合は、水を追加してもう一煮立ちさせる。これを繰り返し、芯が少し残るところまで煮詰める

 

2.衣を付ける

・リゾットを冷ましたら、ピンポン玉の形に成形して衣をつける

 

3.揚げる

・160度~170度の油でゆっくりと揚げる

 

 

リゾット自体にも玉ねぎの味わいがついていますが、お好みでトマトソースやスパイス、香草を合わせてもおいしくお召し上がりいただけます。是非お試しくださいね!


SHARE
Facebook
Twitter
LINE

Related Articles

関連記事

トマトの新玉ねぎドレッシングあえ

家庭で本格生ドレッシングを楽しむ〈トマトの新玉ねぎドレッシングあえ〉をご紹介。みずみずしく、辛みの…

【後編】“正しく食べる”ことを追求して生まれた「ラ・クチネッタ」に込めた想い

前編では、イタリア食材輸入会社「カーサ・モリミ」の代表小林もりみさんに、イタリア食材との出会いや、…

【前編】“正しく食べる”ことを追求して生まれた「ラ・クチネッタ」に込めた想い

ミラノを拠点に、自然と調和した素晴らしいイタリアの食の品々を日本へ紹介している小林もりみさん。 約…