レモンエイド

3 商品

3人の青年がアパートの一室でスタート、本当のaid(援助)を実現する微炭酸ドリンク「レモンエイド Lemonaid



2008年、Lemonaid社はドイツで始まりました。Lemonaid社の社名に含まれる”AID”の由来は「援助」。それまでドイツの政府系支援団体に務めていたジェイコブ・バーナード氏が、従来の開発途上国支援の仕組みに疑問を抱き、自ら立ち上がったことがきっかけです。

レモンエイドを買うと、1本あたり約7円をレモネイド社の外郭団体を通じて開発途上国、その他サステナブルな社会的活動に寄付される基金「Lemonaid & ChariTea”」となり、2010年からの基金総額は400万ユーロに及びました。
おいしさ、素材の良さ、社会貢献、容器のアップサイクルまで考えられた、四拍子そろった商品として、彼らの挑戦は続きます。